自分の未来は自ら創る

保育理念

子供、保護者、保育士、園に関わるすべての方、みんながあったかい気持ちで過ごす楽しい毎日の積み重ねが、素敵な未来へつながります。

1.安心感の中で穏やかで安定した子どもを育てる

一生に一度しかない大事な時間。子ども本人はまだ気づけないからこそ、周りの大人たちが、この時期を満喫できるような環境や思い出を作ってあげたい・・・。
ここにいたら安心。この人といたら安心。この当たり前なことがとても大切なことだと思っています。何もしなくても愛されている。何をしても愛されている。
そんな安心できる環境の中で、子どもたちには「笑顔」でいてほしいという願いが込められています。

2.いつも自分が精一杯表現しようとする子どもを育てる

みんな違って、みんないい! だからとっても面白い! たくさんの個性を認めあって、たくさんの良さを吸収しあいましょう。自分に正直に、お腹が空いたら泣きましょう!
愉しいときは笑いましょう!
泣き虫、怒りん坊、グズグズもイヤイヤも、嬉しい悲しいも、大好き大嫌いも、素直に表現して過ごして欲しいという願いが込められています。

3.仲間、家族を大切にし、一緒に生活を創り出すことを喜ぶ子どもを育てる

優しさ、思いやりを人にも物にも感じられる心から、素敵な毎日が始まります。子どもはお母さんとのつながりから、家族みんなとのつながり、少しずつ勇気を持って、仲間とのつながりを楽しめるようになります。大人も子どもも安心して自由に自分を出せるからこそ、一緒にいることを喜べるようになります。
お互いに察したり、感謝したり。そんな絆を創っていきたいという願いが込められています。

4.違いを認め合い楽しめる子どもを育てる

自分と違う意見、違う国の言葉。成長の違いも国の違いも自然に認め合い、受け入れることで広がる世界があります。互いの良さを感じることで、新しい自分を発見してほしいと言う願いが込められています。

5.より共感する力を持った思いやりのある子どもを育てる

あらゆる物へファンタジーの気持ちが持てる子ども時代。だからこそ、すべての物に心があるかのようなあたたかい思いやりを持って、世界にある様々な物とつながり、世界の様々な人とつながり、友情と愛情に満ちた関係を築いてほしいという願いが込められています。

LaLaLandの保育

これからの時代は、人口知能の発達によって、人の活躍の場が制限されることが予想されます。
そんな時代を担う子供達は、人でなければできない関わりや仕事を自ら進んで楽しめる意欲を持ち合わせていくことが大切になってくると考えています。
LaLaLandの保育園では、子どもの時期にしか持ち合わせていない"ファタジーや"ん"なぜ?"の完成を大切にしています。
「ねぇねぇ、なんで○○なの?」
子どもの興味関心から生まれる学びを大切に、アプローチ・サポートをしていきます。

レッジョ・エミリア教育

私たちは価値観の共通性が高い、”レッジョ・エミリア教育”(以下レッジョ教育)の考え方を取り入れています。
レッジョ教育とは、北イタリアのレッジョ・エミリア市にて誕生した教育法で、日本ではまだ馴染みが薄い教育法ですが、世界で高く評価されている理念の一つです。
このレッジョ教育は、子どもたちが持っている、好奇心・探究心に最大の重要性をおき、カリキュラムは子どもたちの興味・関心や疑問の中から生まれ、子どもどうしが知識やアイディアを相互に交換し、話し合いやコミュニケーションによって学び合う、新しい教育法です。
LaLaLandの保育園では、レッジョ教育の考え方と独自の興味・関心の表現手法として、英語・音楽・アート・農業・異文化交流などの体験や遊びの中から、自然な形で感性を大切にする保育を行います。

  1. みんなで一緒にやることの大切さ
  2. 意見の違いを認めて共感すること
  3. 自分たちでやることを決めること
  4. みんなで決めたルールを守こと
  5. 決めた行動をしっかりとやること

安心安全への取り組み

安心・安全へ取り組むことは保育園として、当然のことです。これまでの経験やこれからの方向性も視野に、最高の環境を理想と基準を持って取り組んでいきます。
  1. 常に施錠をしております。
  2. 人数に対して、広さを確保しておりますので、ゆったりと安全に過ごしていただけます。
  3. 日当たりは良好で、空気洗浄機を完備しております。
  4. 子どもたちの安心安全のための研修・職員間での密な連絡をしっかりと行います。

給食について

栄養士の献立により、自園調理にて提供しております。調理員を交えた食育イベントを数多く開催し、「いただきます」「ごちそうさま」がしっかりと言える楽しい環境を作ります。

※アレルギー対応について 横浜市が策定する「保育所における食物アレルギー対応マニュアル」に則り、適切な対応に努めています。

1日の流れ

  • 順次登園・自由遊び

  • 健康チェック(検温)・おむつ交換

  • 朝の会・主活動・給食準備

    ※2歳児は11:30
  • 給食

    ※2歳児は12:00
  • おむつ交換・午睡準備

    ※2歳児は13:00
  • 順次午睡→目覚め→おむつ交換→おやつ

  • 降園準備・おかえりの会

    ※2歳児は16:00
  • 延長保育

  • クローズ

  • 順次登園・自由遊び

  • 健康チェック(検温)・トイレ

  • 朝の会・主活動・給食準備

  • 給食

  • トイレ・午睡準備・順次午睡

  • 順次午睡→目覚め→トイレ→おやつ

  • お帰りの会・1日の活動のシェア・降園準備

  • 延長保育

  • クローズ