【体験】田植え(戸塚第二・逗子)

4月に田起こしをした畑に田植えをしました。

逗子の5歳児は今年で3回目の田植え。

「最後の田植えだよ。」「去年よりいっぱい田植えしようね。」

「秋にはみんなでおいしいお米を食べようね。」と出発前にみんなで話しました。

3,4歳の時は泣いて田んぼに入れなかった子も今年は何も言わずに進んで入り

黙々と仕事をしてくれました。その成長に感動です!

あらかじめ青いピンが刺さっているところに苗を植えていきます。

奥まで植えないと倒れてしまうので自分たちで試行錯誤しながら植えていきます。

長靴で入るのですが途中で裸足になったり尻もちをついたり。

恒例の泥んこ遊びもして、耳の中まで泥だらけ。

そのまま水浴びしてお着替えです。

さっぱりきれいになったら、みんなでお弁当を食べました。

作業時間は30分くらい。泥遊びもあるので1時間くらい田んぼに入っています。

帰りは近くの公園で思い切り遊んでから、バスに乗って園に帰ります。

バスは楽しいおしゃべりの時間。

こんなに体を動かしたのに寝ない子どもたち!

身支度や行動も自分たちで声を掛け合ってテキパキと動くようになってきました。

体力もついて、ますますたくましくなってきた5歳児クラスです。

お米作り、次のステップは「稲刈り」です。

戸塚の子どもたちも、逗子の子どもたちも、最初から新しい場所で思いっきり遊んだり、自己表現ができていたわけではありません。

泥が怖かったり、汚れるのが嫌いだったり、、、いろいろな個性があります。でも、皆、何度も何度も挑戦し、少しずつたくましくなっていきます。

日々の生活の中で、自然な形で感性を大切にする保育をララランドでは大切にしています。