上手に積み上げられるかな?

ある日の2歳児のクラスをクラスをのぞいて見ると・・・牛乳パックで作った電車を積み木のように、重ねて遊ぶ子どもたち。

2個までは積めても、3個目が何度やってもうまく積むことができません。崩れるたびに、残念そうな表情を浮かべていました。

その様子を見ていた先生が、紙コップを積み上げるのを見せると、数人の子どもたちが「やりたい!」と、先生の真似を始めました。

すると、どんどんと他の子どもたちも集まってきて、みんなで協力しながら、紙コップを積み上げて、あっという間に高いタワーが完成しました。

子どもたちが、自分たちで遊びを見つけながら、遊びを通して“できる”を体験する姿を見ることができました。子どもたちにとって真似することは、大きな学びのステップですね。