横浜市防災センターで地震体験|5・6歳児の子どもたち

4・5歳児で横浜市防災センターへ行きました。

地震や火災の時にどうやって安全に身を守ることができるかということを、横浜市防災センターで学ぶのが今回の目的です。

実際に大きな地震がきたら、どのように揺れるのか横浜市防災センターで体験しました。
部屋が揺れるのが怖くて泣きだす子もいるくらいリアルな体験。
大きな地震は経験していない子どもたちには、初めての経験になりました。

 火災の想定で、煙の中を小さくしゃがんで歩く体験もしました。

口を押えて背を低くし、約束を守って進んでいく様子がありました。

横浜市防災センターに実際行ってみて 地震の怖さや火事の怖さを知ったようで「先生、怖かった~」の声が多かったです。

もしも火事や地震が起きたとき、自分たちはどうしたらいいのか、今回の経験を活かし、子どもたちも私たち保育士も万が一の時に備え、安全管理の意識を高めていきます。